英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 中学・高校英語の2000語から始めるビジネス英語上達法 1ヵ月でTOEICスコアを100点あげるアドバイス⑥ TOEIC800点台 of web site.
1ヵ月でTOEICスコアを100点あげるアドバイス⑥ TOEIC800点台
2017年 9月 25日(月曜日) 00:00

800点以上のTOEICスコアを叩き出す猛者となれば、もはや英語の関しては相当な実力保持者だと思いきや、英語を専門的に使って仕事をするにはまだ基礎レベルというデータが数多く残っています。


一般的に英語ができるレベルにあるのは間違いありませんが、企業の英語を使う部署で即戦力として働くにはまだ足らないでしょう。さらに、今後900点越え、そして990点満点を目指していくために重要なのがTOEICで高得点をとってどうしたいのか?というゴール設定です。


昇進したいのか、海外に行きたいのか、それとも転職したいのか、または何かほかに実現したいことがあるのか。目的意識によって学ぶ方も変わってくるのです。TOEICが最終目標ではないと思いますので、ゴールに近づくには自分がどういうスキルを伸ばせばいいのか、そのためにはどういう勉強が必要なのかを自分で考えることです。


スコアを追うだけではなく、モチベーションを明確にすることも必要になってきます。しかし、上に行けば行くほどさらなる実力アップが簡単でなくなるのは誰の目にも明らかです。勉強量でカバーしようとしてもやがて限界がやってくるでしょう。そこで、勉強法を量より質へと転換することが大切なのです。


リスニングであれば、とにかく多くの問題を聴いて解く段階ではありません。より正確に聴き取れることを重視するべきです。800点レベルの人は、聴けばなんとなく意味が理解できてしまうと思いますが、隅々まで完璧に理解しているわけではありません。


例えば、aとtheまでしっかりわかるレベルまで追求しなければならないというわけです。そのために、公式問題集を使った同時読みをお勧めしたいと思います。CDを流しながら、同時に話すのが同時読む(シンクロリーディング)です。


テキストは一切見ないで完璧に一致するまで繰り返します。リーディング対策には、洋書も有効です。実用書でもビジネス書でも興味の持てる書籍を通して生きた英語が学べます。日本語で読んだ本の英語版なら、内容がわかっているので入りやすいでしょう。


最近はAmazonの電子書籍Kindleを使えば、わからない単語の上でクリックするだけでその意味を表示してくれるほど便利です。おまけに省スペースなのでいつでもどこでも取り組めるのがいいです。


また、900点台を目指すのであれば、すべての問題をきちんと時間内に読み終わるようになることです。1分間に200ワードくらい読めれば、時間内にこなせるようになっています。具体的には、リスニング問題集のCDと同程度のスピードで読めれば十分に間に合うはずです。


単語に関しては、公式問題集に出てくる単語を隅から隅まで完璧に理解することです。2016年からの新形式に対応した問題集が3冊ほど出ていますが、問題を解くだけではなく、解いた後に全部読み直して単語を調べることを繰り返すのです。


最終的に、この3冊の中に知らない単語は一つもないというレベルを目指すというわけです。なお、語彙問題を間違える原因は、英語を和訳して覚えようとすることに原因があると考えられます。英単語の意味を英語で理解していれば、絶対に間違えることはありません。


日本語訳と一対一で覚えないことが大切です。そのために、英英辞書の活用をお勧めします。私もいくつか持っていますが、オンラインの無料辞書などもあります。有名なオックスフォード社やブリタニカんどの辞書の定義がすべて表示されるメミデックスというサイトは、語源も掲載されています。


こうした取り組みを重ねた上で、TOEIC学習をどれだけ実践的な方向に向けられるか、大局的な目標を持つことでさらなる高みは近づいてくるでしょう。