英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 中学・高校英語の2000語から始めるビジネス英語上達法 1ヵ月でTOEICスコアを100点あげるアドバイス① TOEIC300点台 of web site.
1ヵ月でTOEICスコアを100点あげるアドバイス① TOEIC300点台
2017年 8月 21日(月曜日) 00:00

TOEICというはっきりした目的があるなら、まずは自分のレベルを把握してから何にどれだけ時間を使うかを決めましょう。あなたは無駄な英語学習をしていませんか?


一口にTOEIC300点台といっても、一体それほどの実力なのか。まずは現状把握の意味で、そのレベルを確認してみましょう。


TOEICでは無条件にすべてAをマークすると何点取れるのか実験したところ、180点という結果になりました。つまり、とりあえず何でもいいからマークシートをすべて濡れば、そのくらいは取れるわけです。300点というにはシンプルに、そこにもう120点を稼いだレベルということになります。


300点台、あるいはそれ以下の人は、TOEICよりもまず、中学英語を徹底して学習すべき段階にいるということです。確かに、公式問題集を解くコツを身につけるのは有意義です。しかhし、300点台、もしくはそれ以下の人にとっては、そもそも解ける問題が少ないため、いくら解いても実力アップには繋がりません。


それよりも中学で習う文法や単語さえ完璧にマスターすれば、400点台はすぐに取れるようになるでしょう。公式問題集やTOEIC用の教材よりもまず、単語や文法などの基本からやり直すのがスコアアップへの近道なのです。


TOEICでスコアアップさせようと意気込むと、むやみに公式問題集に手を出してしまいがちですが、レベルに見合った教材選びが必要ということです。つい軽視してしまいがちな中学英語ですが、英語力の根本を支える基礎として実は非常に重要なのです。


そこで教材としてお勧めしたいのが、NHKテレビとラジオ基礎英語です。基礎英語1が中学一年生レベルで、2が中二レベル、3が中三レベルと、段階を追って学習できるので、きちんとこなせば効率的に中学英語をマスターできます。


この他にも、高校受験向けに、中学3年間の英語を1冊にまとめた教材が多数ありますから、自分い合うようなものを探してみるのもいいでしょう。なお、NHK基礎英語はリスニング学習にも最適で、音声をインターネットで聴きながら学ぶことができます。TOEICはリスニング重視のテストであるため、対策としても有効でしょう。


単語を覚える際にも、日本人はスペルと意味を必死に覚えようとしますが、それだけで終わっては意味がありません。音を聴きながら意味を確認し、声を出して覚えるのが理想的です。知らない単語がいくら耳で聴いても聞き流してしまうだけでなかなか覚えられないのです。


しかし、300点台レベルの人にとっては、モチベーションの壁というものがあります。TOEICのような難しい問題が果たしてとけるようになるのか、苦手意識が勝り、なかなか学習意欲が湧かない人も多いのです。まずは意欲的に英語と付き合うための材料を探す必要がありそうです。


趣味でも何でも興味のある分野から入ることができればそれがベストです。例えば、スポーツが好きな人であれば、メジャーリーグや海外サッカーのスポーツ中継や自分の趣味、興味のある分野の情報は英語でもすんなり入りやすいものです。英語が分からなくても楽しめるので、YouTubeなどの動画を積極的に視聴してみるのもいいでしょう。


現時点で300点台であるなら、見方を変えれば大きな伸びしろを残しているとも言えます。実際にこのレベルはきっかけ一つでグンと伸びることがあるのです。全力を尽くして300点台という人もいるかもしれませんが、たいていはモチベーションに欠けていたり、やり方が間違っていたりします。


これまで真面目に学習してこなかった人であれば、少し頑張って基礎英語を身につければすぐに500点くらいまで伸ばすことができるでしょう。TOEICの問題を解く練習をするのは、その後でいいのです


単語も文法も覚えるのは地味な作業です。だからこそ、コツコツ頑張れるモチベーションを見つけることができれば、一気に花開く可能性もあるというわけです。