英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクールの経営力で見る良い英会話スクール・ダメ英会話スクールの研究 NOVA・ジオス廃業の数年後、イーオンの授業料保全委託(分別信託)について of web site.
NOVA・ジオス廃業の数年後、イーオンの授業料保全委託(分別信託)について
経営力で分析優良?ダメ!!英会話スクールの研究
2016年 2月 19日(金曜日) 00:00

「潰れるのが怖いので、解約します! 返金してください」

果たして、このように言われたとき、即座に対応出来るのだろうか?

英会話スクールの場合、NOVAやジオスの件の後は解約による返金を受け付けていた。しかし、ある大手予備校のWEBサイトを確認したら、「通常解約による返金は不可能」と掲載されている文章を見た。

これは、前受金ビジネスについて統一的なルールがある訳ではなく、業界や企業毎に対応が異なっているから当然のことだが、ここで、英会話スクールを取り巻く現在の状況から、きっと誰もが「あそこは大丈夫か?」と思うであろう、大手のイーオンについても調べたくなった。


ちなみに、イーオンは上場企業ではないので、財務諸表は公開されていない。そうすると、サイトに【安心して学べる英会話学校】とうたって、下記内容が掲載されていた。ちょっと長いので、段落を分けつつ転載する。


「通常、多くの英会話学校は、大学や専門学校と同じように生徒様から授業料を前納していただくことで、クラス編成や教師配置の計画性を高め、学校運営を安定させていく経営方法を取っています。」

ここでは、真っ先に、お金を前納してもらう理由を掲げている。確かに、計画性が保てないビジネスは相対的に経営リスクが高いのは間違いない。間接的に、前納してもらう事によってサービス料金を低く抑えていると言いたいのだと考えられる。


「イーオングループ会社も一部のコースを除き授業料は前納制ですが、その前納された授業料のうち、未経過分(前受金)の50%を 通常の運営資金から切り離し保全するために、みずほ信託銀行株式会社との間で分別信託制度を導入しています。在籍している全生徒様と、今後新たに入学や更新をされる全生徒様の入学金、授業料、システム管理費の未経過分が対象となるこの「前受金分別信託制度」は、授業料等の支払いにまつわる生徒様の不安や疑問を解消し、安心して受講していただくためのものです。」

この分別信託制度を簡単に説明すると、お客様に返金する可能性があるお金を通常の運転資金とは分けて、信託銀行に別口で預けるという事だろう。つまり、まだもらう権利がないお金は使えないようになっているそうだ。

NOVA の場合、分別信託制度を取ってはおらず、預かっているお金のほとんどを運営資金に使っていたため、お客様に返金する事は出来なかった。ちなみに、保険会社に支払っている、積み立て型の保険料も同じような仕組みだ。


「過去において業界の大手校が経営破たんした時、多くの生徒が前払いした授業料が返還されないという事態が生じました。未経過授業料の50%を信託保全することにより、将来的に万一弊社グループ会社の事業が継続困難になった時でも、この保全額相当分は確実に生徒様全員に返還保証されることになります。さらに、分別管理後におきましても、保有する手元流動性資金(現金、預金、有価証券等)で、前受金の全額を十分まかなうことが可能です。弊社グループ会社はかねてから業界内では良好な財務体質を誇っております。」

イーオンが潰れるような事態になっても、未経過分の50%は確実に返金出来ますと伝えている。

また、残りの50%も、十分に返金出来る程の資金力があるので安心してください、とアピールしているのがわかる。

以上、イーオンの財務諸表を確認する事が出来ないので真偽は分からないが、大抵の人はある程度納得するだろう。しかし、イーオンの手法はあくまで選択肢の一つだ。このように会社の方針を明確にアピール出来れば、お客様から不安の声が上がった時に、現場スタッフでも速やかに説明できるかもしれない。


当然、現在のイーオンも「NOVA&ジオスショック」でダメージを受けているだろうから、厳しい経営環境には変わらない。ただ、上記のような「抑止力」としての手段は講じているようだ。

そして、NOVAから事業を引き継いだジー・コミュニケーションも、支払方法に月謝制を導入し、お客様の不安を取り除こうと懸命だ。月謝制は、お客様にとって前納よりも単価は高くなるが、閉鎖によるリスクはグッと下がる。


思い起こせば、子供の頃に通っていた書道教室やそろばん教室は月謝制だった。それがいつの間にか、サービスの多様性とともに月謝制よりも前納が主流になり、その分料金も下がった。

これから当分の間は、もっと大手英会話スクールが増える事が予想される。その度にお客様はビクビクし、スクール側もビクビクして生きていくことになる。お客様に、選択肢と明確な説明を与える事が出来る企業が、生存の可能性を高めるだろう。今まで通りの古いビジネスモデルが通用するのは、今年までかもしれない。

NOVAやジオスの閉鎖劇から学ぶべき点はたくさんある。単なるニュースで終わらせず、その都度立ち止まって考える事をお勧めしたい。