英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 日本人に英語はいらない 35 恋愛と喧嘩は究極の語学学習マンツーマンレッスン of web site.
35 恋愛と喧嘩は究極の語学学習マンツーマンレッスン
2012年 11月 20日(火曜日) 00:00

語学学習法の王道は恋愛と喧嘩だと言いたい。事実、恋愛と喧嘩は究極のマンツーマン・コミュニケーションなのだ。

実は、語学は男性より女性のほうが上達するのが早い。

それは単純に一日に話す量が女性のほうが多いからだろう。一般的に世界中どこにいても男性同士はそれほどしゃべらない。居酒屋でグチを言い合っているサラリーマンもいるが、それはアルコールの力によるものだ。

しかし、女性はしらふであっても、他愛のない会話を何時間でもできるので、圧倒的に話す量が違うのだ。英語だけではなく、スペイン語も韓国語もロシア語ででも語学は話さないと上達しないので、寡黙な男性より話し好きな女性のほうが上達するのは早いのである。

ところが、男性も恋愛になると、会っているときはもちろん、電話やメールでも、あの手この手でアプローチを試みるものだ。相手が英語しか話せない外国人であれば、自分の持てるすべてのボキャブラリーを駆使して話しかけ、ジェスチャーも交えながら意思の疎通を図ろうとする。相手から断られても食い下がることなく、繰り返し繰り返し自然とマンツーマンで英語を指導されているような状況になり、一気にボキャブラリーも増えることになるのだ。

だから、英語圏出身のタイプの女性を見つけてアプローチするのは、もっとも英語が上達する近道なのである。

そしてその女性と付き合うことになれば、時に喧嘩をすることになる。特に日本人以外の女性とは文化や価値観の違いからぶつかり合う回数は多くなるだろう。喧嘩は互いに尊重しあい、落としどころを見つけるという、ビジネス交渉にも似ている。気付いたときには相当レベルの高い語学力が身につくはずである。

前回も述べたが、要はマンツーマンレッスンでなければコミュニケーションは上達しないということを言いたい。