英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 日本人に英語はいらない 32 高いか安いか、イーオン、新NOVA、GABA、Atlasマンツーマン英会話の料金比べ(3) of web site.
32 高いか安いか、イーオン、新NOVA、GABA、Atlasマンツーマン英会話の料金比べ(3)
2012年 10月 30日(火曜日) 00:00

フリーコンバーセーションによって、外人アレルギーをなくす狙いもある」というカウンセラーもいる。「使う状況がなければ言葉の勉強にならない」のは当たり前、だから誰でも勉強したことを使ってみたくなるのは当然の心理である。こういった理由でクラスを二つ取るのが通例化していたのだ。

ところで、こうした組み合わせたクラスを取ればそれだけレッスン料は高くなっていく。例えば、NOVAのお茶の間留学で英会話のレッスンを週2回の1年間コースに該当するのは、100回のクラス。グループレッスンで1回当たりの単価が2000円だから計二十万円となる。これに週1回程度のグループレッスンの中国語やフランス語のポイントを50回分買わなくてはならなくなる。これが十万円。トータルで三十万円になる。

一方、NOVAと同系列会社のジオスにはフリーコンバーセーションだけのクラスはないので、プライベートレッスンを申し込むことになるが、これが週に1回のペースになると1年間で45万7000円にもなってしまい、トータルではグループレッスンの1年コース25万1000円を加えて、実に70万円を超えてします。ジオスが生徒に勧めている少人数制のプレップレッスンを1年(週1回)、グループレッスンを1年(週1回)のお勧めコースでもトータル41万円を超える。なんて高いのでしょう。この時代にこれを払える人はいるのか考えさせられるのだ。

イーオンではどうかというと、少人数制のラウンドアップレッスンが1年間で22万円。これに生徒数の多いコミュニカティブレッスンのチケット5回分で1回のプライベートレッ スンを受けることができるので、これを週1回取るとすると1年間で50回前後になる。これはコミュニカティブの250回分に相当し、お値段は40万円になる。本体のレッスン料と合わせて計62万円である。これもジオスとひけをとらないくらい高い買い物になるだろう。

Gabaマンツーマン英会話では、名前の通りマンツーマンのみで40分のレッスンが6500円もする。マンツーマンで自由予約制なので、グループでのレッスンよりも他の生徒のペースに引きずられることもなく、本気で英会話の練習をしたい人には向いている。グループだと、日本にいる限り生徒は日本人だから、よほど上級でない限りは、発音や表現内容を他の生徒から吸収出来ないし、発言の機会が減って、上達具合があまり期待できませんので、完全マンツーマンはとても良い。スクールは朝早くから、夜遅くまで無休でやっているので、シフト勤務の人や忙しくても本気で習得したい人にはありがたい。

ただ、出身国がバラバラなので、アクセントや文化の違いも知ることが出来て、こういう点での楽しみを見つけることが出来るだろう。

最後にAtlasマンツーマン英会話も、マンツーマンに特化した英会話スクールで60分3000円の毎回払いはお買い得。同じように毎回払いでやっているセブンアクトなどは教室がなく喫茶店などでプライベートレッスンを受けるのとはサポート感が違うようだ。やりたい内容は自分で決められますが、テキストを紹介してもらってそれに沿って行うこともできる。こういうマンツーマンレッスンは自分でやりたい事がはっきりしていないといけないのでちょっと難しいが、話す量が大手のグループレッスンの比ではないので話す事に集中したい場合はお勧め。1時間3000円。もう一度言うが、GABAなどと比べると相当お得だろう。

一時、英会話スクールのレッスン料はあまり安く設定すると生徒が来ないといわれたことがあった。例のバブル全盛期のころの話であるが、21世紀に入った02年頃からはすっかり顧客がコストパフォーマンスを頭に入れて買い物するようになったため、英会話スクールのレッスン値上げなどが思うようにできなくなったといわれる。NOVAは93年、97年、02年、06年に料金値上げを遅らせたのはこのあたりに本当の理由があると考えていいだろう。12年のNOVAはインターネット上では大きな投資をしているようだ。