英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 日本人に英語はいらない 31 高いか安いか、イーオン、新NOVA、GABA、Atlasマンツーマン英会話の料金比べ(2) of web site.
31 高いか安いか、イーオン、新NOVA、GABA、Atlasマンツーマン英会話の料金比べ(2)
2012年 10月 23日(火曜日) 00:00

●NOVAの料金体系
12カ月のグループレッスン
21万6000円
6ヶ月のグループレッスン(生徒は3人以内)
30万1500円
プライベートレッスン
24回 22万8000円
48回 45万7000円

●イーオンの料金体系
12カ月のラウンドアップレッスン
22万0000円
6ヶ月のラウンドアップレッスン
12万0000円

●GABAマンツーマン英会話の料金体系
プライベートレッスンのみ
40分6500円(前金制)


●Atlasマンツーマン英会話の料金体系
プライベートレッスンのみ
60分3000円(毎回払い制)

表を見た印象ではAtlasマンツーマン英会話以外は高いということだ。復活した新NOVAはキャンペーンでこれらの半額で実施しているのを見るとまだ安くなる可能性がある。このサイトは英会話スクールの宣伝のためのものではないので「お化粧」を剥がして考えていくが、ここでは一応の基準として、週に2回のペースで1年間、生徒が5人から8人前後のグループレッスンを受けることを基本に料金を考えていこう。1コマの時間は50分のところがほとんどだが、ここではあまりうるさいことは言わないことにする。ただし、60分と45分では15分の違いがあり、時間を考慮して比べるなら45分だけのレッスンは60分のレッスンの25%安くなければいけない計算になる。

ここで考えなくてはいけないのは、グループレッスンを主体にした英会話スクールはマンツーマンレッスン主体の英会話スクールのパフォーマンスには敵わないという点である。グループレッスンはどちらかとうと「勉強色」の強い内容であるのに対し、マンツーマンレッスンは文字通り、好きな時に、講師を独り占めして1対1で会話ができるものだ

もう一つは、以前のNOVAの「VOICE」と呼ばれるような「フリーコンバーセーション」と「レッスン」を組み合わせたコースを生徒に勧めている点だ。レッスンスタイルのクラスはどちらかというと「アカデミック色」の強い内容であるのに対し、フリーコンバーセーションは文字通り、好きな時にきて、英語で「雑談」だけで英語がうまくなることは考えられないし、また勉強だけで実践の場がないという問題をお互いに補完しあう関係のレッスンを用意しているのが今までの流れであった。もちろん、会話が上達するには両方をバランスよくやるに越したことはないのは言うまでもない。