英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 日本人に英語はいらない 17 私は大手、中堅、街の小さな英会話スクールに12校も通った of web site.
17 私は大手、中堅、街の小さな英会話スクールに12校も通った
2012年 7月 05日(木曜日) 00:00

さて、今までさんざん英会話について批判的な意見を書いてきた。

実は、私はこの10年に12校の英会話スクールに通った経験がある。アメリカのノースカロライナ州に1年間ホームステイをしたこともある。

大学卒業後、某大手ソフト開発企業に就職したものの、転勤先の土地柄に馴染めず、広告代理店に転職した。新しい職場に出勤したら、1ヶ月も経たないうちに系列会社への出向を命じられてしまった。その会社が今のサイバーエージェントの前身である。

インターネットとその広告代理店という先進的な技術には可能性を感じていたので、出向
の辞令に二つ返事で飛びついたのだが、その時点では英語が必要になるなど、考えもしなかった。22歳のときであるが、辞令を下した上司も、私が英語を話せるかどうかなど確認もしなかったのを覚えている。

当然のことながら、実際に外国人と仕事をするようになったとき、彼らの話している英語の80%ぐらいは理解できていなかった。会話の中でたまに聞こえてくる商品名やインターネットの専門知識らしきものが少し分かる程度だったのだ。

当時、社内では特別な外国語の訓練を受けていたわけでもないし、駅前留学はしていたが、なぜか英語が聞き取れるようになり、話せるようになった。それは私の耳がいいせいかもしれないが、ハリウッド映画やドラマを必ず週1本観ていたし、マンツーマンの英会話レッスンを週1回受けていただけだ。

海外ドラマを観ていて俳優がしゃべっているのを観ると、そのセリフを繰り返して真似してみた。それだけでも結構上達するものなのだ。

それに加えて60分のマンツーマンレッスンを受けていると嫌でも英語のシャワーを浴びる。毎回同じ事を聞かれれば覚えられるし、どう答えていいのかがわかる。そうやって、ほとんど実践で覚えてきたのである。

それでも、自分がどのように英語を習得したのかを考えたところ、これから英語を勉強したい人のためになることは多少でもあるのではないかと思いこのコラムを書きはじめたのだ。