英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ベネッセ・ECCの個人情報流出事件を追え! 集団訴訟に発展するまでの経緯 of web site.
集団訴訟に発展するまでの経緯
2015年 1月 09日(金曜日) 00:00

ベネッセの通信教育サービスを利用している顧客の個人情報が大量に流出した問題で、会社側は情報の漏えいが確認された顧客に今回の問題の経緯や流出した具体的な情報をまとめたおわびの文書を順次、発送している。

この通信教育サービスを利用したことのある都内の保護者からは、会社側への憤りや、いったん流出した個人情報の取り扱われ方への不安の声が聞かれた。


小学1年生の子どもの33歳の母親は「すでに別の業者から営業のはがきが届きました。子どもの情報の拡散は自分で止めることができないので困っています。会社側には、不信感を持っています。おわびの文書を送られてもすでに流出しているので、いまさらと思います」と話していた。

また、4歳の子どもに通信教育を受けさせているという35歳の母親は「漏れた情報がいろんなところに使われ、広がってしまうのが怖い。保護者としてどうすることもできないし、会社が責任取ってくれるわけでもない。今後が心配だ」と話していた。


さらに、半年前まで1歳の子どもが通信教育を利用していた30歳の母親は「すでに通信教育をやめたので個人情報も削除されているものかと思っていたが、削除されていないようで管理の仕方がいかがなものかと思う。しっかりと責任を取ってほしい」と話していた。