英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 子ども向け英会話教室選び完全ガイド 【子ども英会話教室コラム】英語(言葉)は、文化そのものです of web site.
【子ども英会話教室コラム】英語(言葉)は、文化そのものです
2015年 3月 27日(金曜日) 00:00

今までとは全く違った角度から英語学習の「目的地」について考察したいと思います。よく「言葉は文化」と言われます。英語に関しても、それは当てはまります。文化的な背景を知らないで会話をすることは、実はとても難しいことなのです。


よく外国人にこう言われることがあります。「日本人は英語を話すし、その英語が間違っているということはあまりない。でも、そういう人でも何を言っているかわからない」ということが多いようです。


今でこそこの言葉の意味を私は理解することができますが、昔は分りませんでした。「英語が話せるけど伝わらない」ということを、とても不思議に感じていたのです。アメリカ人の話し方と、日本人の話し方について深く理解した時に、初めて謎が解けました。それは、つまりこういうことだったのです。


アメリカ人は、多民族国家であるがゆえに相手に誤解なく自分の意見を理解してもらう必要があるため、まず初めに結論を言います。そしてその後にその理由を述べます。日本人の場合は、「あ・うんの呼吸」とでも言うのでしょうか、「そこは分っているでしょ」とあえて結論をぼかして話すことが多々あります。また、結論を話したとしても一番最後に言うことがほとんどです。そこまでの説明が長い場合、聞いている方は「いったいこの人は何を言いたいのか・・・」と疲れてしまうこともあります。


しかしながら、逆に日本人に話す時に結論をはじめに話すとしたら、「そんなに急がなくてもいいのに」と思われてしまうことが多いのではないでしょうか。そのため、英語を学ぶ時に今までお伝えしてきた英語脳・4つのスキル・3つの知識と同じくらい重要なのが、ここでお伝えしている「言語外の知知識・経験」なのです。


当たり障りのないことを話している時はそれほど問題ありませんが、ビジネスとして英語を使いたいと考えている場合、スポーツ選手として海外で活躍したいと考えている場合はとても重要です。

こういう内容に関してきちんと教えられるスクールかどうかというのは、本当の意味においてあなたの子供が英語を使えるようになるかというとても大事なところなのです。それが後には、あなたが英会話教室に支払うお金が活きてくるか、死んでいくかの違いとなって表れてしまうところです。


さて、ここまでは、「英語が使えるようになるというのはどういうことか」ということに対して、明確に答えを出してきました。ぜひ、今一度お読みいただいて、しっかりとご理解いただければ幸いです。

この知識があるかないかで、あなたの子供がきちんとした教育を受けられるスクールに行けるか、そうでないかが分かれてしまいます。本当に大事な事です。


次からは、中学・高校では英語が全く駄目だった私が、ひょんなことから海外に行き、話せるようになるまでの過程を物語形式でお伝えしていきたいと思います。ところどころに英語学習のヒントをちりばめておりますので、ぜひそれらをいくつ発見できるか楽しみながらお読みいただければ幸いです。