英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! [英語学習法コラム]知っておくと役に立つTOEICテストの裏テクニック of web site.
[英語学習法コラム]知っておくと役に立つTOEICテストの裏テクニック

効率的な学習方法から試験会場での他力本願までを紹介する。いかに効率的に高得点をたたき出すかが重要なTOEICだが、普段の学習から受験料を安くする方法、試験後の心のケアまで情報はすべてチェックしておこう。


1 リスニング教材はオーディオブック化して学習効率をアップさせること

リスニング対策にはiTunesやiPhoneのオーディオブックを利用する。15秒の巻き戻しや早送り機能があり、リスニング対策に活用できるのが特徴だ。また、低速による再生は音声の抑揚が強調されるので、発声のポイントをつかみやすい。スマホがiPhoneならば外出先でも気軽に練習ができる。


2 日本にはない過去問題集など充実したTOEICの韓国公式問題集を入手すること

公式問題集が重要なTOEIC。すでにやり尽くしてしまった人におススメしたいのが韓国の公式問題集だ。日本版とは一部の重複があるが、ほとんど新規の問題ばかりで質も高い。最近では手軽に購入できるようになったので、是非活用しよう。


3 出題性の低いダメ教材は見極めて絶対購入しないこと

パート1の本番問題では写真の半分以下の教材は、問題の出題性が低い可能性が高い。また、戦争や政治、宗教などの内容はTOEICでは決して出題されないので、それらの内容がf組まれている教材は決して買うべきではない。


4 無料の「TOEIC SQUARE」はスコア別の対策ができて非常に便利

TOEICの試験を実施しているIIBCが運営する公式サイト「TOEIC SQUARE」は、TOEICで高いスコアを取るための学習法やコンテンツなどが充実しており、すべてのコンテンツを無料に利用することができる。


5 TOEIC公式サイト5092円(約700円引き)、アルク5150円(約600円引き)

現在、TOEIC公式テストを受験するには1回につき5725円の受験料がかかるが、これを割引で受けられるサービスがある。すでにその対象となっている人もいるはずだが、頻繁に受験する人は是非利用しよう。


6 試験会場での環境改善クレームは申し出ること

TOEICの試験会場で気になることがある場合、例えば、外からの音がうるさかったり、机に穴が空いていて記入しずらかったり、エアコンの風が強過ぎたりなどの理由で試験官に申し出ると席を変えられるといった処置をしてもらえることもある。快適なテスト環境でスコアアップを狙うため、少しでもストレスを感じる状況であれば遠慮せずに手を挙げて改善してもらえるように申告しよう。


7 リスニングのパートで回答がわからないときは周りの人を真似る

Part1と2は、正解がわかった時点でマークシートを塗り進めていくと効果的だ。なお、ここでまともに回答できない場合、周りのマークしている音に便乗するというテクニックがある。ただし、そのタイミングがCの場合は消去法でDを選択している場合があるため注意しよう。


8 解答速報はTOEIC専門講師のネットラジオで聴くこと

TOEICの結果送付は試験後1カ月後になる。そのため、すぐにスコアを知りたい受験者によるブログや掲示板での解答速報が盛んだ。中でもおススメなのがTOEIC Blitz Radioだが、TOEIC専門講師による解答速報をネットラジオで聴くことができる。テストの熱が冷める前の復習も兼ねて聴いてみよう。