英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! [英語学習法コラム]本当に役立つ英語学習法はどっち? 「NHK英語講座ラジオ?テレビ?」「英字新聞Asahi Weekly?Mainichi Weekly?」「ニュースサイトNHK WORLD?BBC NEWS?NHK WORLD? of web site.
[英語学習法コラム]本当に役立つ英語学習法はどっち? 「NHK英語講座ラジオ?テレビ?」「英字新聞Asahi Weekly?Mainichi Weekly?」「ニュースサイトNHK WORLD?BBC NEWS?NHK WORLD?

5 NHK英語講座ラジオ?テレビ?

お金をかけずに気軽の始められる英語学習の定番といえば、NHK英語講座。ラジオとテレビのどちらかを選ぶとしたら、ラジオをおススメする。その理由は、テレビの場合、映像を見ることで英語の意味を理解したと勘違いしてしまう危険性があること、そして、毎日決まった時間を英語学習に割くことで、学習を習慣づけることができる点だ。

確かに、留学しないで英語が上達した人の多くはNHKラジオ英語講座を聞いている。毎日15分英語に集中することで、英語学習が習慣化できるのだ。4技能の英語習得順序の論理通り、はじめは耳からインプットするのが正しい学習法で、テレビでも悪くはないが、あえて余分な情報が入ってこないラジオがベストだ。

ラジオ英会話は、NHK第2で月曜~木曜まで毎日15分ずつ学び、金曜に1週間のおさらいをする学習サイクルも素晴らしい。ラジオ英会話は番組とテキストが連動している。状況別の会話のスキットを中心に、楽しい英語が学べる。また、基礎英語2,3でもNHK第2で同じく月曜~金曜に15分ずつ放送している。

ラジオ英会話を1年間聞き続けたら、基礎英語1は飛ばして基礎英語2から聞いてみよう。


6 英字新聞Asahi Weekly?Mainichi Weekly?The Japan Times?


英字新聞を読むほどのレベルに達していない初級~中級者でも、英語の記事と日本語解説が併記された和英新聞なら、無理なくリーディング力を鍛えられるだろう。しかし、初心者が英字新聞を読むのはおススメできない。なぜなら、読解を誤ったまま読み進める危険性や難し過ぎて途中で挫折するからだ。

ここでは、朝日新聞と毎日新聞が発行する2紙はもちろん、Japan Timesという位置付けのSTを比較してみた。

英語学習者向けの和英新聞3紙の中でも、初心者におススメなのはMainichi Weeklyだ。適度な文字量で初心者にとって親切な構成になっている。イラストや写真などの掲載が多く、読む前に内容をイメージしやすい。デジタル版には無料音声が付くのもいい。

また、写真が多く掲載内容に興味がわきやすい上、記事が短いので無理なく読める。ポッドキャストや別売りCDなど複数の方法で音声を取得できるのは3紙の中でMainichi Weeklyだけ。


7 ニュースサイトNHK WORLD?BBC NEWS?NHK WORLD?


結論からいえば、わざわざCNNやBBCのサイトを学習ツールにする必要はない。もちろんネットのニュース動画や記事には、英語学習にもってこいだが、アメリカやイギリスのような海外メディアのものだけでなく、NHKが外国人向けに運営するNHK WORLDも要チェックだ。

NHKなら英語のナレーション原稿がそのまま掲載されているので、耳で聞きながら正解を確かめることができるのもいい。日本国内のニュースなら背景をよく知っているからより興味が持てるはず。

テレビで知った国内外のニュースを英語で視聴できるし、日本やアジアのニュースが多くておもしろい。外国人向けなので、日本文化に関するニュースも多いのがNHK WORLDだ。

身近な国内ニュースなら、すでに内容を知っていたり、背景がわかっているために理解ができる。また、日本の歴史や文化についての情報も多く紹介されているため、外国人と日本について会話する際のネタ仕込みもできる。また、携帯端末用のアプリでNHK WORLDの動画を視聴することが可能だ。無料なので、ダウンロードしておいて損はない。