英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! 英作文編 英作文を強化する近道は簡単な表現への言い換え練習 of web site.
英作文編 英作文を強化する近道は簡単な表現への言い換え練習

日本人は会話の中で日本語を瞬時に英訳してアウトプットすることが苦手な人が多い。これは、「読み書きができる=英語ができる」とする受験用の英語学習を中心に行ってきたため、会話の中で英語をアウトプットする力が足りないからだ。


筆記テストであれば質問に対して英作文を行う際にも時間をかけることができるが、会話で同じように時間をかけていてはコミュニケーションはとれない。


こうした日本人特有の弱点を克服するには、とにかく声に出して英語を学習することが効果的だ。普段から英語を口に出すことで、自然とアウトプットする力がついてくる。様々な状況での会話を想定して、日本語から英語に訳すというトレーニングをしていけば、会話のバリエーションを増やすことにもなり、一石二鳥だ。


実践的な英作文の力を鍛えるには、テキストを使った学習ももちろん効果的だが、とにかく今の英語力だけで英作文ができるようになるには、英訳をする前に日本語を簡単な表現に置き換えることが効果的になる。あとは自分の覚えている英単語を総動員して、内容を伝えればいい。

これは近道のテクニックで、日本語であっても英語であっても内容を削ぎ落した方が相手にとってわかりやすくなり、真意がより伝わりやすくなる。単語力や文法力の向上はもちろん重要だが、このことは頭の片隅で憶えておきたい。なぜならこの方法は王道ではないからだ。


近道だけでも実践的な英作文のテクニックを身につけることはできるが、さらに高いレベルのアウトプット力を手に入れるには、王道の学習も取り入れたい。そこで参考となるのが、瞬時に日本語を英語に変換するという頭の中の回路を確固たるものにすることを目的とし、日本語の簡単な例文を繰り返し英訳する効果的なトレーニングがある。


まずは中学レベルの基本的な文型をすぐに口から出てくるように反復練習すること。そうすることで英文がパターン化され、これまで日本語で考えてから英語に訳すという脳内作業を簡略化できるようになる。

あとは決まり文句のようなフレーズを徐々にマスターすれば、より英会話における引き出しが増え、しいては英作文の表現の幅も広がることになる。


近道と王道ともに共通することは、英語を繰り返し声に出すこと。それが英作文上達への唯一の道といえるだろう。