英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! リスニング編 英語は抑揚やリズムの理解で格段に聞きとりやすくなる of web site.
リスニング編 英語は抑揚やリズムの理解で格段に聞きとりやすくなる

リスニングの能力をアップするには、とにかく英会話を聞きとる耳を鍛えること。そのためにもっとも効果のある練習方法が「シャドーイング」だ。耳で聞いた英語をそっくりそのまま発音する練習方法で、CNNやBBCの同時通訳の練習にも使われている。


これを繰り返すことで、英語を聞くことに意識を集中させ、リスニングを向上させることができる、ただし、文章の内容が理解できなければ、どんなに聞き流してもリスニングの役には立たない。使用する教材は、読んで理解できるレベルであることが必須だ。間違ってもスピードラーニングのような「聞くだけ教材」をやってはいけない


そしてリスニングを鍛える上で、もうひとつ重要なのが英語独特の抑揚やリズムの「強弱」だ。助動詞やbe動詞、前置詞などには「強音」と「弱音」というふたつの発音がある。通常、中学・高校で習う発音は「強音」のみだが、これは日常会話ではほとんど使われることがない。

ネイティブスピーカーは「弱音」と呼ばれるあいまいな発音も使っているが、日本人の多くはその発音を知らないために、上手く聞きとれないのだ。弱音を持つ単語はそれほど多くないが、日常英会話で頻繁に出てくるので。きちんと覚えておこう。


リスニングの力を上げるには、シャドーイングの他に、耳で聞いた英文を書きとる「ディクテ―ション」も有効な学習法だ。参考書や辞典を読んでいるだけでは、シャドーイングやディクテ―ションの練習には結びつかない。音声メディアを駆使することが、英語を聞く耳を鍛えるための近道だ。

ただし、内容が自分のレベルに合っているかという点を忘れてはいけない。初心者なら「英語で読む日本昔ばなし」などがおススメだ。内容も理解しやすく、英語自体もわかりやすい。また、任天堂DSの「英語漬けシリーズ」はディクテ―ション機能が付いていてレベルの設定も可能だ。


スマホアプリなら、いつでもどこでも持ち歩けるので、好きな時に英語を学習することもできる。無料といえば、昔から自宅英語学習の王道と呼ばれるNHKラジオとテレビ英語講座だが、リスニングに重点を置いた番組が多く、ディクテ―ションの教材にも使える。


リスニングの力を鍛えるには、ひたすら英語を聞くのが唯一の方法だが、長続きしないのが悩みの種だ。そんな人にぴったりなのが、英語版のアニメ。子供も見るから会話も比較的わかりやすいし、飽きずに楽しめる。

中でもおススメなのが宮崎駿のジブリ作品。日本人なら誰でも知っているはずだし、国内版DVDやブルーレイでも英語吹替えが選択できるものがほとんどだ。また、それ以外の日本のアニメでも、輸入版の英語吹替え版が選択できるものもある。


また、ディズ二―作品ならDVDを借りに行けば英語字幕にも英語吹替えでも使えるので便利だ。輸入版のDVDは日本のアマゾンでも購入できるが、海外のアマゾンを使って購入するという手もある。

送料が多少かかるが、格安商品やUsed商品も多数あるのでお得に購入できる。ただ、ソフトのリ―ジョンが違うと日本のDVDプレイターで再生できないこともあるから購入時に確認をしておきたい。ちなみに、パソコンでならリージョンコードに関係なく再生が可能だ。


さらに英語力を身につけたいという人には、洋画を使って英語の耳を鍛えるのがいい。英語の会話は、アニメよりも格段に難しくなるが、リスニングやディクテ―ションの練習にはもってこいだ。

また、ビジネス英語を学びたい人には、英語ニュースでリスニング力を養うことをおススメしたい。この方法で英語力をつけていけば、英語の能力を高めるだけではなく、最新の海外情報を手に入れたり、高度な知識を身につけることも可能になる。


慣れないうちはNHKの英語ニュースがCNNニュースを使った学習教材で学習するのもいいが、上級者向けにはCNN(アメリカ英語)やBBC(イギリス英語)など、世界中の英語ニュースやホームページで自分の力を試してみるといいだろう。


英語を母国語とするのはアメリカやイギリス以外にもあるが、オーストラリアやカナダなど国によって発音やニュアンスが違うことも多々ある。世界中のニュースを英語で聞き比べてみれば、世界各国のお国言葉や考え方の違いがわかるようになる。