英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! [英語学習法コラム]ビジネス英語編 学習範囲は限定し、必要知識に絞った学習をする of web site.
[英語学習法コラム]ビジネス英語編 学習範囲は限定し、必要知識に絞った学習をする

日々の業務に追われているとなかなか英語学習には時間が取れず、いざ必要になったときに英語が身についていない…というケースは社会人にはありがちだ。しかし、今はそんな人のための英会話スクールや教材が人気を博している。ゼロから英語を覚えようとすると難しいが、ビジネス英語は必要な範囲が限られているため、学習も限定したもので大丈夫だ。それに適した英会話スクールと教材を教えよう。


範囲が限定されているビジネス英語は、センター入試レベルの文法や語彙といった基礎英語力があれば不自由しない。あとは専門用語やフレーズなどの習得のみで十分だ。それを補うために効果的な教材が、同時通訳が頭の中で一瞬でやっている「リプロセシング」だ。


「リプロセシング」という技術については、ビジネス英語でよく使われるフレーズや文型を丸暗記することで時間がない人向けにはぴったりかもしれない。

普段から少しでも英語学習の時間が取れる人なら書店にある教材でも十分だが、何も準備ができていない状態で英語が必要になる、というケースも考えられる。そこから実践英語を習得するのは難しい、とあきらめるより前に、より時短学習を想定した短期集中コースを持つ英会話スクールに通うか教材を導入しよう。

時短学習に必要なのは、「学習範囲の限定」と「ケース別学習」。いわゆるケーススタディだ。「マンツーマンによるビジネス英語」は「3ヶ月後に海外出張を予定している」という、まさに時短学習に特化した内容のコースは大手スクール以外にも安価なレッスン料で行っている英会話スクールは大きな街には必ず数校はある。


英会話スクールに初めて通う人や英会話に慣れていない人でも数ヵ月でカリキュラムが習得できる内容になっている。さらに時間がない場合には、その日のうちに必要になったら書店で教材を買うしかないだろう。