英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! 上級レベルの学習方法 リスニングとスピーキングを強化して「使える英語」が完成する of web site.
上級レベルの学習方法 リスニングとスピーキングを強化して「使える英語」が完成する

上級までたどり着いたら、実際の状況において相手、もしくは状況に引けを取らないレベルの英語力を目指そう。具体的には、ビジネスの取引相手などと過不足なく対話や交渉ができるレベルである。その実現に向けた上級レベルでの学習ポイントはリスニングとスピーキングの強化だ。


音声強化としてリスニングに40%を配分し、英語ニュースなど中級とくらべてより高いレベルのコンテンツを教材として活用し、リスニングのアップをを図る。

また、スピーキングに30%を配分する。主な内容は街の英会話スクールに通い、ネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンを受けること。ちなみにリスニングの方が配分が多いのには理由がある。


英会話でスピーキングだけにかたよるといずれ英語を話すことに慣れが出てきて、持っている知識・フレーズだけでやりくりするようになってしまう、総合的な英語スキルがそれ以上成長しなくなってしまう。これを防ぐために常に自宅や電車内でリスニングでのフレーズ蓄積が欠かせないのだ。

残りの30%は文法と語彙で半分にして、高校レベルの文法習得や語彙の強化に充てる。これで本物の使える英語スキルが完成するのだ。


さらに、スピーキングの強化では、手軽で安価なフィリピン人によるオンライン英会話ではなく、必ず街にある英会話スクールのネイティブスピーカーによるマンツーマンレッスンを受けること

選ぶポイントはとして大切なのは、担当講師に「発音や文法の矯正」を頼むこと。ただ漠然と意味さえ通じればいい、という会話を続けると能力の成長がすぐ頭打ちになってしまう。また、価格帯も大きなポイントだ。GABAでは40分で8,000円もするのでおススメはできない。ベルリッツやECC、イーオンなども50分で6,000円~10,000円と非常に高価だ。Atlasやセブンアクトでは60分3,000円以下で、しかも毎回払い制なので無駄がないところをおススメする。


可能な限り受講する回数は増やした方がいいので、料金は60分で5,000円以内におさめよう。レッスン料金は当然安価な方が望ましい。また有効期限も1年ではなく、なるべく3年以内の英会話スクールに通うべきだ。金銭面や時間面で受講するのに二の足を踏んでしまうことほどもったいないことはない。

実際の活用にあたっては、なるべく一人の講師と長く付き合うことが重要。講師の質は学習の質に直結するので妥協せずに日本人スタッフに相談して選びたい。たとえ社交性が高い人でも、歓楽街にある外人バーで外国人に話しかけるような方法はNGだ。


リスニングでは、コンテンツが使いやすいNHKなどでは日本での話題を英語で扱っているので、理解はしやすい。ステップアップの途中にはもってこいだろう。また、純粋な英語コンテンツは難易度が高いので、慣れるまでは音声の一定区間を区切って繰り返すなどの部分学習が有効だ。

リスニングは英語を聞きとる訓練だけでなく、フレーズなどを知識として習得する機能も担っている。意識して使える表現をピックアップするよう心がけることが大切だ。


文法については高校レベル以上の範囲までカバーし総仕上げをすること。基礎がしっかりしていればそれほど難しくないはずだ。語彙はこれまで他のトレーニングを通じて蓄積してきた分で不足がないか確認し、必要に応じて補う。