英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! 使える英語の習得には中学英語&リスニング学習が最短 of web site.
使える英語の習得には中学英語&リスニング学習が最短

英語を最短距離で習得するための鍵は中学英語と発音記号です。過去に独学や大手英会話スクールで挫折してしまった人も、今からだってまだ間に合います!英語ニーズが再び高まり続ける今こそ、「実際に使える英語」をマスターしよう!


近年、英語スキルが求めらるビジネス英語は増えてきており、それに伴い英語・英会話能力の有無で収入に差が出るという傾向も明確になってきている。つまり、英語ができたほうが人生は有利になっているのだ。


そこで本コラムでは、ちゃんと使える英語を最短距離で習得する方法を紹介していくが、重要な鍵として中学英語に一番注目している。中学で習う英語で必要となる文法や単語の大半が含まれている。


文法はなんと全体の8割をカバーしていて、日常英会話なら十分まかなえる。単語は、日常使用に必要な3000語には満たないが、ベース部分を支えるには十分な単語数だ。このベース部分をしっかりマスターしていれば、その後の学習効率も短縮することができる。そもそも、英語の習得とは「聞く→話す→読む→書く」の順番が事前な順番だ。

ただし、日本人にとって第二言語である英語を習得するという場合には、知識の土台として文法や語彙も同時に学ばなければ学習効率はさらに悪くなる。中学英語をマスターすれば、その部分をカバーできることになるのだ。


具体的な学習順序は、初級→中級→上級と3段階で臨みたい。まず初級は、英語学習を勧める上での基礎を構築する。さらに、中級以上のリスニング学習のための土台となる発音習得にも重点を置く。無視されがちな発音記号も学ぶことで以降のリスニング学習がより効果的なものになる

中級では、初級で学んだ知識を実際に使えるスキルへと発展させていく。具体的にリスニングと英作文の能力を特に強化し、英語の音声を聞き取り、話せるようになるトレーニングを行う。


リスニングでは、簡単な英文からスタートして確実に英語を聞きとれるよう訓練していくことになるが、ここで初級の時に習得した英語の音を聞きとる能力が生きてくることになる。もし「文法や単語は十分実に付いているから初級は飛ばそうか」などと考えている人も、リスニングに自信がないのであれば初級の発音だけは押さえておくべきだ。

英語の音をきちんと理解できないと、リスニング学習の効果もだいぶ効率が落ちてしまうのは避けられないだろう。また、英作文で鍛えるのは「話す」ための能力だ。初級で習得した文法と単語の知識を、実際に英文を発するためのスキルとして活用できるようトレーニングしていく。


単語についても、基本は実践的な能力強化がメインで、自身の英語活用シーンに合わせて必要な単語を吸収していこうというものになっている。


ここまでの初級と中級では、実践に向けたトレーニングだったが、最後に上級では実践と同じレベルのトレーニングを盛り込み、実際に使える英会話・英語力を獲得し、さらに強化していく。


英会話では町中にある英会話スクールやオンライン英会話を活用し、実際に外国人とのやりとりを通じてスキルを向上させていく。英会話学習においてどんなポイントが重要なのか、といったレッスン形式や支払い方法などのサービスや講師選びのポイントに加え、具体的におススメできる英会話スクールを紹介する。さらに、一人でもできるトレーニング方法も紹介する。リスニングでは、様々なサービスやコンテンツを活用した効率よく効果を得られる学習法を紹介する。


この3段階に従って英語学習を進めれば、最短距離で実際に使える英語を体得することができる。各段階における詳しい時間配分や学習内容、おススメの英会話スクールの活用方法は次回から詳しく解説していくので参考にしていただきたい。

中学・高校の英語の授業では身につかずに英語習得を挫折してしまったという人も、大手英会話スクールに多額のレッスン料を払いながらも挫折してしまった人も、プロのアドバイスが詰まった本コラムで是非再チャレンジしてほしい。