英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! [英語学習法コラム]原因別の挫折理由で自分の学習傾向を把握しよう of web site.
[英語学習法コラム]原因別の挫折理由で自分の学習傾向を把握しよう

絶対必要なのは中学レベルの基礎だ。挫折とは英語学習の順番で起こる。英語とは何かを知ることから始まるのだ。


英語学習がいつも挫折してしまうのは、根気や難易度の問題ではなく、その学習法にある。実は学習方法のコツを押さえて最初の壁をクリアできれば、あとはかなり楽になるのだ。


原因別の挫折理由一覧

1 英語が聞き取れない⇒知っている単語のはずなのに、そらで聞きとろうとするといきなり難しい単語に聞こえることがある。よくある挫折のひとつだ。

原因:英語を聞きとるには、明確でなくてもまず自分が「発音できる」ことが必要。それができないと頭の中の単語ストックと符合しなくなる。


2 英語が書けない⇒英文の読み取りはできるのに、ゼロから英文を書こうとすると手が止まることもよくあるケース。語彙力と文法力が攻略の鍵となる。

原因:英文を1から作るためには、語彙力に加えて文法を駆使した話の流れを構築することがキモ。この訓練を怠ると英作文を書くことはできない。


3 英語が話せない⇒たくさん英単語を知っているのに、いざ会話をしようとすると英文が口から出てこない。それは英語の定分型の活用に慣れていないからだ。

原因:会話の第一歩はカンペキな発音より、まずは定型句を頭に入れることから。応用力以前に、会話パターンを覚えていないだけなのだ。


4 英語が読めない⇒日本人が一番得意と言われているリーディングだが、見たことのない単語が並んでいると、それだけで読めないと思い込む人が多い。

原因:知らない単語があっても、前後の流れから文の意味を把握することは可能だ。語彙力だけに頼らない長文読解のための訓練不足が招く失敗パターン。


5 英語学習が続かない⇒時間捻出の問題もあるが、最も多い挫折原因はモチベーション不足。何ら手ごたえを得ないまま挫折する人が多い。