英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 2017年版 英語を身につけたいならこれを読め! ビジネス英語は、英検2級程度の英語力と専門用語を組み合わせればいいだけ of web site.
ビジネス英語は、英検2級程度の英語力と専門用語を組み合わせればいいだけ
2017年版 英語を身につけたいならこれを読め! - 2017年版 英語を身につけたいならこれを読め!
2017年 3月 31日(金曜日) 00:00

日々の業務にかまけているうちに英語学習の時間が取れず、いざ必要なときにはオロオロするばかりという声をビジネスパーソンから多く寄せられます。



でも、ちょっと待ってください。ここで必要となるビジネス英語は、基礎英語が出来ている人であれば難しいものではありません。ビジネス英語は、英検2級程度の英語力とあなたの仕事や業界で使われる専門用語を組み合わせればいいだけなのです。


ここで日常英語とビジネス英語を比較してみましょう。日常英語は、会話内容が限定されることがない為覚えるべき文法やフレーズが多く、また、スラングも多用されがちです。一方のビジネス英語は、仕事上で使う為に内容の範囲が限定され、専門用語や業界用語を押さえればよいのです。


特に専門用語や業界用語は日本語での業務の際にも、目にしたり耳にしたりと馴染みがある場合も多く、ゼロから単語を覚えるよりもずっと楽に覚えられるでしょう。


このように、単語は実践的なもの限定で覚え、良く使うフレーズや言い回しもピンポイントで覚えていくと効率的です。特に業界用語は、同業他社の英語版Webサイトも参考になります。


突然の海外出張や転勤など、国外と取引のある会社であれば海外行きを言い渡されるケースも想定できます。この時、英語に自信がないからと尻込んでしまうよりも、短期集中で英語のトレーニングを積み、自信を持ってチャレンジしましょう。


学習時間を圧縮するには、学習範囲を限定して集中的にトレーニングすることが必須。ケーススタディで必要なシチュエーションを想定し、そこに必要な英語力をつけていくことが理想です。


会社によっては、急な海外出張や転勤の際には英会話スクールへの入会を求め、会社補助を出してくれる場合もあります。ただ、この場合にも、グループレッスンなど受動的なレッスンスタイルの英会話スクールは避け、自分に必要な英語力だけをピンポイントで上げてくれるマンツーマンスタイルの英会話スクールを選びましょう。


ビジネス英語は、「電話」「会議」「プレゼン」など様々なシチュエーションで使うことが予想できます。しかし、それぞれの場面において必要とされるフレーズや言い回しはそれほど多くないことを意識してみると、肩から力が抜けてきませんか。



ビジネス英語も普段の英語学習と変わるところはありません。もちろん、仕事という場で使う以上、正確性は常に求められます。自分の仕事は英語でどのように表現されるのか、頻発される単語の意味を知ってみると、また仕事が面白くなる効果もビジネス英語にはあるものです。