英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 旧NOVA、ジオスを徹底分析 倒産しない英会話スクールの見分け方 英会話スクールにとって宣伝広告とは生死に関わること of web site.
英会話スクールにとって宣伝広告とは生死に関わること
2012年 2月 17日(金曜日) 00:00
英会話スクールを苦しめること。それは集客以外のなにものでもないのですが、英会話スクールにとっては永遠の課題でもっと明確に解説すると「宣伝広告費」と極めて財務的なキーワードを出さざるを得ない。しかし、宣伝広告を行わないと、お客さんはその英会話スクールを知る術がないのです。

広告には様々な種類がある。テレビのコマーシャル、雑誌、看板、電車の中吊り広告、新聞、ダイレクトメールにチラシ、そしてインターネット。この他に求人を行うときは求人広告が必要ということになるし、イベントやキャンペーンを打つときはいつもに増して広告宣伝を積極的に行わなくてはならないのです。これに営業業務が加わるとさらに千差万別の域が広がり、パンフレットや資料、乱発用の名刺などが加わるのです。
 
 
受講生の英会話スクール選びには、こうしたポイントも大いに影響することでしょう。そもそもなぜ、英会話スクールがこれほど広告を出すようになったのでしょうか。一概には言えませんが、まず、知名度のあるスクールや、これから拡大路線を歩もうとしている英会話スクールは、基本的に広告を多く出します。

それから、財力(資本)にはまだまだ自信をもっているけれど、最近生徒がどんどん減ってきた、という自覚のある大手英会話スクールも広告に力を入れるでしょう。広告宣伝をしないと危ない、という気持ちがよく伝わってきます。

新規にオープンした教室や、新しいコースを開設したスクール、リニューアルしたスクールなども、大いに広告宣伝しなくてはなりません。今あるコースではできないことをやろう。そういう意気込みですから、英会話少人数グループレッスンコースに慣れている頭では、新しすぎてもほとんどイメージできないこともあるので注意です。しかしどちらにしても、こういった新たなものに関して広報宣伝は、絶対に必要になります。

大手英会話スクールでは、宣伝広報部が主体となって、広告代理店と案を練るわけです。そのtき、まず念頭に置くのが「マーケット(市場)」です。つまり、主にどの地域から受講生が通っているのかということを把握するのです。そして例えばビジネス街や繁華街、ショッピングモールなどで歩いている層へのインタビュー活動と、社会の表面に出てくる広告宣伝活動が相まって、実効性のある広報活動ができたということになるのではないでしょうか。

こうした宣伝活動は、知名度の低いスクールや、受講生確保に危機感を持っている小規模スクールだけではなく、それなりに知名度もある大手英会話スクールもおこなっています。