英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 旧NOVA、ジオスを徹底分析 倒産しない英会話スクールの見分け方 英会話のレッスンがグループレッスンである必要はない of web site.
英会話のレッスンがグループレッスンである必要はない
2012年 1月 13日(金曜日) 00:00
受講生が数十人の個人経営校は、まず誰が考えても絶対的に収入規模が小さいわけですから、経営上の小さなミスが大きな失策につながりやすくなります。ですから、大手や中堅とは逆に、いつも緊張感を持った経営・運営が求められるはずです。

しかし、現実的にはワンマン経営者であったり、奥さんが日本人で外国人の旦那さんが自宅で教えているようなファミリー・ビジネスなところがいまだに多く見られていることも事実です。受講生が可哀そうなくらい趣味的な経営、運営がされているケースもあります。英会話スクールという名の下の大きな勘違いで、教える方法も分からずに運営されている教室がほとんどと言えます。

ただ、健全な経営がなされていて、講師も生徒も今の流れに敏感であるという小規模校やマンツーマンに特化したところは、そのコンパクトさを生かした個性的なレッスンを提供できる可能性が十分にあります。
 
 
 
まずは、マンツーマンだと講師もスタッフも生徒もお互いの顔やキャラクターがよくわかるので、コミュニケーションが密になります。ここが大事なところで、経営者、スタッフ、講師が一丸となってそのスクール独自のミッションを作ることができます。みんなで力を合わせて作るわけですから、各自ミッションも理解しているというわけです。

中堅になった例ではありますが、たとえばAtlasマンツーマン英会話とか、Gabaマンツーマン英会話といった成功の例は、いま述べたような「マンツーマンレッスンならではの強み」を存分に発揮したからに他ならないでしょう。

Atlasマンツーマン英会話の素晴らしいところは、きちんと生徒たちと向き合って、本当に一生懸命「教育」に取り組んでいる点にあります。講師やスタッフたちの共通語が英語で、高いスキルとコミュニケーション能力を持っているからです。

もう一つのGabaマンツーマン英会話も、専門性の高い講師がいて、「ああ、いい教育しているな」と評価をするところです。

どちらも東京以外にもスクール展開しているだけに、首都圏外というのは「いい教育環境」の要件のひとつだろうと考えています。英会話スクールは、何も東京や首都圏にばかりある必要はありませんし、グループレッスンである必要はありません。むしろ東京以外の主要都市の方が、受講生も、ここでレッスンを受けるぞと意気込んで、集中できるということがあると思います。

AtlasもGabaも大変な努力をしてきたと思います。そして企業内で社員が一致団結して事態に当たることができるという、「マンツーマンレッスン専門校」ならではの強みを存分に発揮したからこその成果だったのではないでしょうか。